2013年に東京自由が丘で慶應大学、東京工業大学の学生とスタート。年間200回を超える教室・ワークショップを通じ多くの子どもたちや様々なご家庭と接してきました。ここで学んだ知見を教材開発に活かし新しい学習コミュニティ作りにチャレンジしています。特に「7人までの小ユニット学習」では、学生講師のパーソナリティと子どもたちとの密度の高いコミュニケーションで自発性と表現力が驚くほど高まり、保護者の方々から高い評価をいただいています。

また2015年よりローカル市場のスタディを兼ねて前橋市と高崎市で教室を開講。都内と関東近郊の教育環境やご家庭、お子様の意識について比較体験を通じた情報収集を行っています。また地元群馬大学の学生と一緒に、地域密着型の新しい学習コミュニティを展開しています。ここでは「10-20人規模の集合学習」をコアモデルとした授業運営ノウハウを蓄積しながら、様々な層のご家庭やお子様のプログラミング学習をお手伝いしています。

さらに2017年からは従来のScratchを中心としたプログラミング入門に加え、Makeblock社の教育用教材mBotを使ったロボット教室や、Scratch修了者向けにJavaScriptとPythonの入門講座を開設するなど学習領域を広げています。

<社名> エムシーキッズ株式会社 MCKids,Inc.

<事業内容> 人材育成支援、学習教材の開発・販売、教室・ワークショップの運営、イベントの企画・運営、インターネットを使ったサービス提供

<住所> 🏣158-0083 東京都世田谷区奥沢2-45-10

<沿革> 中小企業庁地域需要創造型等起業・創業促進事業補助金事業として採択
2013年 東京自由が丘でワークショップを開設
2014年 エムシーキッズ株式会社設立
2015年 ステージミント株式会社より教室運営を受託
2016年 NIPPON ACADEMYと提携し英語とプログラミングを学ぶ新しい学習教室をスタート
2017年 ヤマダ電機のパソコンスクールにてプログラミング教室(Scratch)をスタート
2017年 Makeblock社公式テキストをベースにしたロボット教室を開講 (自由が丘、前橋)
2018年 ひゅーまにあの子ども向け支援事業「ひゅーまにあきっず」の教室運営を受託、前橋事業所よりスタート

<代表者> 青木伸明

三菱東京UFJ銀行、三菱総研DCSを経てエムシーキッズを設立。日本の子どもたちがもっと楽しくグローバルに活躍できるお手伝いをしています。小中学生のプログラミング学習のほかに、高校・大学生向けキャリア支援のコンサルティングも行っています。ロサンゼルスとバンコクに12年駐在。一橋大卒。